♂♀エロをリアルに体験できるアダルトVR情報BLOG

VRゴーグルのレンタル業者を徹底比較【2020年版】

PC用のVRゴーグルが欲しいが高くて買えない!
1回試してみたから買いたい!
いろんな種類のVRゴーグルを試してから買いたい!

そんな人には、数千円からレンタルできるサービスがおすすめです。

この記事では、VRゴーグルをレンタルできる業者を徹底比較しました。

レンタル業者は有名な6社を厳選して、レンタルできる種類や期間や価格など、比較しやすいようにまとめています。

お目当てのVRゴーグルを扱っている業者から借りれば、すぐにでもアダルトVRやゲームなど好きなだけ楽しむことができます。

VRゴーグルをレンタルするメリットとは

VRゴーグルをレンタルするメリットとは

VRゴーグルに限らず、何十万もの電化製品を買った後に後悔したことは誰でもあると思います。管理人は沢山あります。でも使った後だと当然返品はできません。

レンタルサービスを利用すれば数千円で試すことができるので「買って失敗した」を防げ、高額な電化製品などを後悔なく買うことができます。

さらに、大きすぎて保管が難しいものとかをレンタルするのにもいいと思います。例えば、大型のスーツケースや1回しか使わない着ぐるみとか。

VRゴーグルは、スマホ用、PC用、スタンドアローン型・一体型の3つに分かれます。

スマホ用はスマホを持っていれば数千円で買えますが、PC用は5万からと高額で、中には10万以上するものもあります。

VRゴーグルも高額なので、レンタルで試してから買うべきでしょう。

VRゴーグルを壊してしまったらどうなるのか

補償は各業者ごとに異なるので、申し込む前に確認したほうがいいでしょう。最悪何十万も請求される可能性があります。

紛失は当然ですが、全額請求さる可能性が高いです。販売価格10万のVRゴーグルをレンタルして紛失してしまったら、10万円支払う必要がありますのでご注意ください。

VRゴーグルのレンタル業者を6社紹介

VRゴーグルをレンタル業者を6社紹介!

VRゴーグルをレンタルできる業者を厳選し6社紹介しています。

レンタル業者一覧名
・DMMいろいろレンタル
・VRレンタル
・PuPuRu
・Rentio(レンティオ)
・MOBAREN
・CREARC

DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタルは、家電、カメラ、PC、タブレッドなど、あらゆる商品がレンタルできるサイトです。DMMのレンタルサービスだけで生活ができてしまうくらいの品ぞろえです。

当記事ではVRゴーグルのみを紹介しているので、他の商品についてはサイトからご覧ください。

取り扱いVRゴーグル一覧(アダルトVR使用可能)

※2019年10月1日現在のものです。

・HTC VIVE(期間7~30日、6,000円~15,860円)
・HTC VIVE Pro(期間3~30日、5,000円~19,270円)
・HTC VIVEと推奨スペックPCセット(期間3~30日、7,500円~28,910円)
・Windows Mixed Reality / Lenovo(期間7~30日、6,000円~15,860円)
・Windows Mixed Reality / Dell(期間7~30日、6,000円~15,860円)
・Windows Mixed Reality / FUJITSU(期間7~30日、6,000円~15,860円)
・Windows Mixed Reality / Acer (期間7~30日、6,000円~15,860円)
・Windows Mixed Reality / HP(期間7~30日、6,000円~15,860円)
・Gear VR(期間5~30日、4,400円~13,570円)

アダルトVR視聴ができるVRゴーグルは、HTC VIVE(PC用)、Windows Mixed Reality(PC用)、Gear VR(スマホ用)の3種類を取り扱っています。

価格は、3~7日で4,400円~6,000円。最大30日間レンタルできます。返却手続き日を過ぎると延滞料金が発生するのでご注意ください。

DMMでは1%分のポイントが貰えます。そのポイントでアダルトVR動画を購入できるので、かなりお得です。FANZA(旧DMMR18)についてはこちらの記事からご覧ください。

×故障・破損・紛失した時はどうなる?

通常の利用の範囲での故障・汚損・破損等をしても請求されることはありません。紛失・盗難と、故意による破損・汚損は参考価格を支払う必要があります。

VRレンタル

VRレンタル

VRレンタルは、VRゴーグルのみのレンタルをしている業者です。VRゴーグルの取り扱い種類だとレンタル業者の中では最多です。

取り扱いVRゴーグル一覧(アダルトVR使用可能)

※2019年10月1日現在のものです。

・Oculus Go(期間5~30日、5,500円~33,000円)
・Oculus RIFT(期間5~30日、14,500円~87,000円)
・Oculus Quest(期間5~30日、14,500円~87,000円)
・HTC VIVE(期間5~30日、30,000円~180,000円)
・HTC VIVE Pro(期間5~30日、14,500円~87,000円)
・Playstation VR(期間5~30日、14,500円~87,000円)
・Windows Mixed Reality / Acer(期間5~30日、7,000円~42,000円)
・Windows Mixed Reality / FUJITSU(期間5~30日、7,000円~42,000円)
・Gear VR(期間5~30日、5,500円~33,000円)

アダルトVR視聴ができるVRゴーグルは、Oculus(一体型、PC用)、HTC VIVE(PC用)、Windows Mixed Reality(PC用)、Playstation VR(ゲーム機)、Gear VR(スマホ用)の5種類を取り扱っています。

価格は、5日で5,500円~。最大30日間レンタルできます。返却手続き日を過ぎると延滞料金が発生するのでご注意ください。

×故障・破損・紛失した時はどうなる?

通常使用での動作不良なら請求されることはありません。過失によるものは修理費用が請求されます。記載はありませんが、紛失した場合は商品購入代全額請求されると思います。

PuPuRu

PuPuRu

PuPuRuは、VR機器をレンタルできる業者です。他ノートPCや4K・7Kに対応の360度カメラなどの取り扱いもあります。

取り扱いVRゴーグル一覧(アダルトVR使用可能)

※2019年10月1日現在のものです。

・Oculus Go(期間7~30日、12,000円~21,000円)
・Oculus Quest(期間7~30日、20,000円~41,000円)
・HTC VIVE(期間7~30日、32,000円~62,000円)
・HTC VIVE Pro(期間7~30日、40,000円~70,000円)
・Gear VR(期間7~30日、10,000円~19,000円)

アダルトVR視聴ができるVRゴーグルは、Oculus(一体型、PC用)、HTC VIVE(PC用)、Gear VR(スマホ用)の3種類を取り扱っています。

価格は、7日で10,000円~。最大30日間レンタルできます。

×故障・破損・紛失した時はどうなる?

故障・破損などを補償してくれる「あんしん補償」があります。レンタル料金のプラス10%で加入可能です。加入していれば、故障・破損時の負担はありません。ただし、紛失した時は補償の対象とはなりません。

Rentio(レンティオ)

Rentio(レンティオ)

Rentio(レンティオ)は、カメラ、家電、PC、パソコンなど、あらゆる商品がレンタルできるサイトです。特にカメラは1,000種類以上から選べます。

取り扱いVRゴーグル一覧(アダルトVR使用可能)

※2019年10月1日現在のものです。

・Oculus Go(期間7~30日、12,000円~21,000円)
・Oculus Quest(期間7~30日、20,000円~41,000円)
・HTC VIVE(期間7~30日、32,000円~62,000円)
・HTC VIVE Pro(期間7~30日、40,000円~70,000円)
・Gear VR(期間7~30日、10,000円~19,000円)

アダルトVRが視聴できるVRゴーグルは、Oculus(一体型、PC用)、HTC VIVE(PC用)、Gear VR(スマホ用)の3種類を取り扱っています。

価格は、7日で10,000円~。最大30日間レンタルできます。

×故障・破損・紛失した時はどうなる?

故障・破損は、利用範囲内によるものだと請求はされません。過失によるものは2,000円を上限が請求されるだけです。紛失・盗難は、製品の販売金額の100%を上限とする金額を支払う必要があります。

MOBAREN

MOBAREN

MOBARENは、主に携帯電話をレンタルできる業者です。2016年7月からVRゴーグルのレンタルサービスが追加されています。

取り扱いVRゴーグル一覧(アダルトVR使用可能)

※2019年10月1日現在のものです。

・Oculus Go(期間2~7日、7,500円~22,500円)
・Oculus RIFT(期間2~7日、4,980円~16,200円)
・HTC VIVE(期間2~7日、8,800円~16,200円)
・Playstation VR(期間2~7日、4,980円~16,200円)
・Gear VR(期間2~7日、2,000円~6,000円)

アダルトVRが視聴できるVRゴーグルは、Oculus(一体型、PC用)、HTC VIVE(PC用)、Playstation VR(ゲーム機)、Gear VR(スマホ用)の4種類を取り扱っています。

価格は、2日で2,000円~。最大期間はありません。1日単位で金額が決められていて、レンタル日数に応じて増えていきます。1日1,500円なら2ヵ月で90,000円。

×故障・破損・紛失した時はどうなる?

過失により故障・破損・紛失した場合は、市場価格の80%の料金を支払う必要があります。5万の価格なら4万円の負担となります。使う際は注意したほうがいいでしょう。

CREARC

CREARC

CREARCは、カメラや三脚、レンズなど主に撮影機材をレンタルできる業者です。VRゴーグルも取り扱っています。

取り扱いVRゴーグル一覧(アダルトVR使用可能)

※2019年10月1日現在のものです。

・Oculus Go(期間2~30日、3,500円~54,250円)
・Windows Mixed Reality / Acer(期間2~30日、3,600円~55,800円)
・Windows Mixed Reality / FUJITSU(期間2~30日、4,800円~74,400円)
・Windows Mixed Reality / DELL(期間2~30日、4,000円~62,000円)
・Windows Mixed Reality / HP(期間2~30日、4,600円~71,300円)

アダルトVRが視聴できるVRゴーグルは、Oculus(一体型、PC用)、Windows Mixed Reality(PC用)の2種類を取り扱っています。

価格は、1泊2日で3,500円~。最大1か月間レンタルできるようです。1ヶ月以上も対応してもらえますが、購入したほうが圧倒的に安いので、延長する人はいないでしょう。

×故障・破損・紛失した時はどうなる?

故障・破損などを補償してくれる「安心補償パック」があります。日額100円~800円まで。800円だと、水没、部分破損、故障は20万まで補償されます。紛失は補償対象外です。

どのVRゴーグルレンタル業者が良いのか

価格やサービスなどを見ると圧倒的にDMMいろいろレンタルが一番です。

1週間で6,000円程度で使えるのはお得でしょう。とりあえず試して良ければ、購入しても後悔はないですからね。

ただ、Oculus Go、Oculus RIFT、Oculus Questの取り扱いは今のところないので、OculusのVRゴーグルを使いたいなら、他の業者からレンタルするしかありません。

Oculus Goをレンタルできるのは、VRレンタル、PuPuRu、Rentio(レンティオ)、MOBAREN、CREARCの5社。一番安いのはVRレンタルです。

Oculus RIFTは、MOBARENが一番安い。最新機種であるOculus Questは、PuPuRuとRentio(レンティオ)が一番安い。

僕が使っているのは、OculusGoです。レンタルではなく購入したい方は、下記の記事で紹介しています。

OculusGoでFANZAのVRを見た感想と視聴方法!32GBと62GBはどっちを選べばいいの?

VRゴーグルのレンタルまとめ

VRゴーグルをレンタルするなら1週間くらいが最適でしょう。それ以上になると購入したほうがいいと思います。

長くレンタルすれば、破損などの支払いリスクも高まりますし。

何万もするVRゴーグルを買う前にレンタルで試す。これなら買って失敗したを防げます。VRゴーグルをレンタルしたら、アダルトVR動画を買うだけで視聴できます。

アダルトVRの視聴方法が分からない人は下記の記事を参考にしてみてください。

アダルトVRの視聴手順と失敗しない動画の選び方【初心者向き】